[Case Study] Fifth Third Bankによる企業全体でのコンテンツ戦略策定の成功例

z_wei

マーケティングコミュニティの誰もが、「マーケティングチームが生産するコンテンツの65%が無駄になっている」ことを嫌というほど理解しています。とはいえ、無駄を省き、カスタマージャーニーを一元化するには、具体的に何ができるというのでしょうか。最近、NewsCredはSiriusDecisions Tech Exchange 2018を後援し、Fifth ThirdBankのVP、ブランドコンテンツ&ソーシャルメディアディレクターであるShannon Paulに、NewsCredのContent Marketing Platform(CMP)のIntegrated Marketing Edition(IME)をどのように実装し、利益を得ているかについてケーススタディを発表していただきました。

NewsCredのIMEを実装する以前にFifth Third Bankが経験していた3つの問題点は、企業全体のコンテンツ戦略、コンテンツ開発プロセスを一元化および合理化するテクノロジーソリューション、そしてすべてのコンテンツマーケティングおよび計画活動の一元管理されたビューの必要性など、エンタープライズ企業にとって非常に一般的なものです。IMEを使用することで、Fifth Third Bankはコンテンツマーケティングの施策に成功しました。

  • マーケティング組織全体の運用効率と効率性を向上する
  • コラボレーションを促進するためにサイロを分解する
  • 同じインプットとリソースでコンテンツのアウトプットを増加させる

さて、これらをどのように実現させたのでしょうか。

Shannonはまず人材、プロセス、プラットフォームの3つのカテゴリーに分類しました。マーケティングチームの各セクションから経営幹部の賛同を得て、部門の枠を超えた経営幹部のスポンサーを活性化することが、サイロを解消してコラボレーションに弾みをつける鍵だと考えたからです。

「スピードアップを望むなら、時に速度を落とさなければならない場面もあります」とShannonは説きます。「しかしながら、全員がプロセスを理解できるようにするには、かなりの労力を要しました」。

利害関係者が、統合プランニングから共通言語とガバナンスまで、ブランドのコンテンツ戦略を構築するためのプロセスについて合意すると、NewsCredのプラットフォームが実行を可能にするパズルの最後のピースとなりました。

NewsCredのIntegrated Marketing Editionを活用した、Fifth Thirdによるコンテンツマーケティングの成功に向けたジャーニーについてもっと詳しく知りたい方は、完全版のケーススタディをご覧ください。

 

 

元記事「[Case Study] Fifth Third Bank’s Success Creating an Enterprise-Wide Content Strategy」は2019年3月28日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred Blogを通じてNewsCredが執筆し、Industry Diveのパブリッシャー・ネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

 

SOLUTION

NewsCred

NewsCred

NewsCredは、世界有数のコンテンツマーケティング・ソリューションです。コンテンツマーケティングの実施を効率化するプラットフォームの提供。多種多様なテーマを網羅するコンテンツの提供。 そして、造詣が深い専門家によるアドバイザリーサービスの提供。 複合的かつ反復的に3つのアプローチを実行することで、 プログラムを最適化を実現していきます。

KEYWORDキーワード