デマンドジェネレーションマーケ担当者向け|2024年版メールマーケティングの必勝ガイド

envelope smartphone collage Art message your Get

目次:


[編集者注:この記事は2024年のベストプラクティスを反映するために更新しました]

あなたが理想とするリードグループがいたとして、彼らのほとんど (全員ではないにしても)に共通点が1つあります。それは、彼らは頻繁にメールをチェックする、ということです。 HubSpot社によると、1日のメールユーザー数は40億人です。つまり、大きなリード目標を確実に成功させるには、メールマーケティングの強化が欠かせないのです。

しかし、正直、メールマーケティングというのは難しいものです。あなた自身のメールの受信トレイを考えてみてください。読む前に何通のメールを削除しますか?件名に興味がない、とスキップしていませんか?読み込まないから、飽きたからと削除していませんか?このように、印象に残らないメールはたくさんあります。

データによると、人々は平均10秒でブランドメールを読みます。

(シャツを畳む方が長いです)

しかし、新しいマーケティングの方法を探し始める前に、あなたが興味を持つメールについて考えてみましょう。クリックしたくなるもの。最後まで読んだもの。同僚に転送して「私たちはこんなことをやるべきだ」と言ったもの。その気持ちをあなたが送るメールに反映させることで、より多くのリードを増やすことができます。では、それはどうやって?以下で紹介するメールマーケティングキャンペーンの 2024年ベストプラクティスコレクションから、お気に入りの方法を見つけてください。

購読者をセグメントして強固な基盤を作る

強固な基盤なくして成長はありません。まず、メールマーケティングのプラットフォームに満足しているかどうかを判断しましょう。次に、メールの購読者に焦点を当てます。

調査によると、現在の主要な購読者の獲得ソースは次のとおりです。

・ホームページ上の登録フォーム (37%)
・ウェビナーまたはイベントへのオンライン登録 (33%)
・Webサイト上の他の顧客向けページにある登録フォーム(33%)

購読者を増やすには、まずは購読者をセグメント化しましょう。

メールのセグメンテーションを使用している企業は、売上が24%増加しました

このベストプラクティスを用いて、興味や関心などに基づいたグループにターゲットを絞ったメールを送ります。

もちろん購読者の好みは変わるので、適宜、購読者に確認してください。以下のメールは、頻度を含むメールコミュニケーションの内容を調整するために、ブランド側が購読者に向けて送ったメールの内容です。 (そういえば、Hubspot社の調査によると、マーケターの33%は毎週メールを送り、26%は月に複数回メールを送信しています。)

studioIDからのヒント
購読者の注意を引くために、「差出人」のメールアドレスをより人間味のあるものにすることを検討してください(たとえば、「emma@brandname.com」と「hello@brandname.com」だったらどちらが注意を引けるでしょうか)。

魅力的なコンテンツの作成

コンテンツはブランドに関するものではなく、(セグメントされた)購読者に関するものにしましょう。

Really Good Emailsの創設者であるMatthew Smithは、「メールは人間関係を配信するものである」と述べました。彼は、「購読者を十分に明確に理解し、そして、あなたが彼らを理解していることを示すコンテンツ、製品、サービスの内容を具体的に配信します。そうすることで彼らのブランドとのつながりや、帰属意識を生み出します」とアドバイスしています。

「彼らの人生にとっての特別な存在として語りかけ、共感と思いやりを持って彼らのニーズに応えれば、それが素晴らしいビジネス価値の創出に大いに役立つとわかるでしょう」

例として以下のメールをチェックしてください。購読者が次のピッチを成功させるための具体的な方法を掲載しています。

studioIDからのヒント
件名も手を抜いてはいけません。いくつかのキャッチーな例をチェックして、インスピレーションを得ましょう。

デザインを最適化しビジュアルで釘付けにする

ビジュアルエクスペリエンスにこだわる最善の方法は、美しく、アートなメールを作成することではありません。それは、購読者がいる媒体でメールを送り、メールを通して彼らに何をしてもらいたいかを明確にすることです。

では、彼らはどこにいるのでしょうか?増えているのは、スマートフォンなどのモバイルの利用です。データによると、メールの41%はモバイルからの閲覧です。さらに世代別では、ミレニアル世代の59%が主にスマートフォンを使ってメールをチェックし、Z世代の67%はモバイルで受信トレイを確認しているというデータもあります。つまり、メールのレスポンシブデザインの対応、そしてモバイルへの最適化を徹底しましょう。

メールマーケティングチームの63%は、レスポンシブ、アダプティブ、ハイブリッドのデザインを使用しています。

リードにレスポンシブメールに反応してもらうには、明確なCTAが必要です。たとえば、世界最大級の出版社であるPenguin Random House社のこのインタラクティブメールは、私たちのお気に入りです。魅力的で、あなたの考えが正解かどうか、クリックして確かめたくなります。

studioIDからのヒント
ダークモード戦略を検討してください。 2023年の調査では、メールマーケティングチームの33%がメールをダークモード向けにデザインしていませんでしたが、購読者の40%がメールをダークモードで閲覧していることが分かっています。

メール配信をパーソナライズ&自動化する

2023年の調査によると、メールマーケティングキャンペーンで最も効果的な戦略は、メッセージのパーソナライゼーション(72%)とオートメーションメール(71%)でした。

まずは、パーソナライズについて解説します。私たちは、Dan Jakの次の言葉が大好きです。

「パーソナライゼーション — それは姓名のことではありません。購読者に向けた関連コンテンツにについてです」

どういうことでしょう?パーソナライゼーションは有益です。パーソナライズしたメッセージを送ったメール購読者の45%以上が、インタラクティブメールによるメールマーケティングの改善を実感しています。さらに、顧客の80%はパーソナライズされたメール体験を提供するブランドから商品やサービスを購入する可能性があります。

では、パーソナライゼーションは実際にはどのようなものでしょうか。以下の、カナダ発のお茶専門店であるDAVIDsTEAの例をチェックしましょう。

次はオートメーションメール(自動化)についてです。オートメーションメールとは、メールマーケティングをより効率的にしながら時間を節約する方法です。送信タイミングの決定から複製したメールの調整、コンテンツのパーソナライズまで、メールキャンペーンを自動化する方法はたくさんあります。Hubspot社によると、メール作成に生成AIを使用しているマーケティング担当者の95%が、それが「効果的」だと評価しています。

パフォーマンスを追跡する

デマンドジェネレーションのマーケティング担当者のみなさん、まだついてきていますか?次が、キャンペーンを成功させるための最後の一手です。

2024年のデマンドジェネレーションのパフォーマンスを追跡するにあたって重要なのは、テスト、テスト、テストを繰り返し、必要に応じて調整することです。

「すべてのメールはターゲット市場の顧客調査であり、テストによって、顧客に最も響くものを決めます」

— Kath Pay、Holistic Email Marketing社の創設者兼CEO

何をテストするのでしょうか?Litmus社のレポートによると、パーソナライゼーションが最もテストされたメール要素であり、絵文字とアニメーションGIFが2位と3位にランクインしています。同レポートでは、テストを行うことで28%高いリターンが期待できるとしています。

コンテンツから頻度まで、データに基づいて変更を加え、トラッキングを利用してリードが何を望んでいるのか、いつ、どのようにメール配信を求めているのかを明確にします。

実際に、以下のMailerLite社のキャンペーンによる2つのメールを比較してみましょう。バージョンAのメール (画像なし)では、クリックスルー率が0.61%高くなりました。これは、次回のメール配信のビジュアル(もしあれば)を決定するのに役立ちます。

>>> 購読者を引きつける方法をお探しですか?2024年に向けた実績のある7つのコンテンツエンゲージメント戦略をご覧ください。

この記事は、SpringboardのSonya Matejkoが執筆し、Industry DiveがDiveMarketplaceを通じてライセンスを取得したものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comまでお願いいたします。

元記事「2024 Best Practices for Email Marketing Campaigns: A Guide for Demand Generation Marketers」は2023年9月19日にstudioID’s insights blog – springboardに掲載されました。

また、日本におけるIndustryDiveパブリッシャーネットワークに関してはamana Content Marketingまでお問い合わせください。

SOLUTION

amana Content Marketing

amana Content Marketing

コンテンツマーケティングの本場であるアメリカで、業界を牽引するリーディングカンパニーであるIndustry Dive。国内唯一の独占パートナーであるアマナがその集合知を活用し、成果へと繋がるコンテンツマーケティングをサポートします。
企業が抱える課題に沿って、戦略策定からチーム構築、コンテンツ制作、効果測定まで、コンテンツマーケティングの運用をトータルで支援します。

KEYWORDキーワード

本サイトではユーザーの利便性向上のためCookieを使用してサービスを提供しています。詳しくはCookieポリシーをご覧ください。

閉じる